中性脂肪値の治療薬の意外な効用

中性脂肪を低下させる薬にフィブラートと言うのがあります。


フィブラートは中性脂肪値を下げる代わりに善玉コレステロール(HDL)を上げるので
中性脂肪値の高い人にとっての最適な治療薬なのです。


フィブラートは中性脂肪値を下げるだけでなく、末梢性感覚糖尿病神経障害においての神経障害の
リスクを下げ、神経の損傷を抑えることが長年の研究によって明らかになっています。


そして糖尿病の患者の脳卒中や心臓発作のリスクも下げることがわかっています。


考えてみますと、肥満が進むと中性脂肪が増え、結果として糖尿病や心臓病、脳血管障害と
結びついてきますので、中性脂肪の治療薬がこれらの病気の治療に有益な作用を及ぼすことは
素人の私にとってもうなずける気がします。


またスタチンという薬もフィブラートと並んで善玉コレステロールの値を上げることで知られていて、
糖尿病の神経障害を抑える働きのある薬として知られています。


この二つの薬は同じような働きをするので糖尿病の治療薬として両方使われているようですが、
効果のメカニズムが違うらしく、お互いは異なった働きをしているのです。


中性脂肪値の治療薬のみならず、糖尿病にも有効な薬として一般に知られているスタチンとフィブラート
は、多くの治療報告がなされており、患者にとって無くてはならない治療薬と言えますね。

中性脂肪対策を考えよう

中性脂肪の蓄積による肥満は年齢を問わず、今や社会問題となっています。


小さいときから肥満だった人、年齢を重ねるごとに太るいわゆる中年太りの人、仕事のストレス
からくる肥満と、悩みの種は様々です。


中性脂肪を減らし、生活習慣病を予防する為にどんなことをすればよいのでしょうか?
その改善策をいくつか考えてみましょう。


まず、ストレス社会で切っても切り離せないのが、お酒などのアルコール類でしょう。


やはりストレスが多い人は、ついつい飲みすぎてしまいますよね。


お酒は結構カロリーが高いことで知られていますが、これが中性脂肪を増やす原因になりますので、
よく言われるビール腹などは、その典型的な例ではないでしょうか?


また、アルコール自体が肝臓での中性脂肪合成の促進の働きがあり、こういう理由からもお酒を飲めば
飲むほど中性脂肪を増やしてしまう結果となってしまうのですね。


飲み放題などよくあるサービスですが、これから年末の忘年会シーズンになりますのでくれぐれも注意
して控えたほうがいいですね。


次に脂肪分の多い食事と言えばお肉でしょうね。特に脂身は美味しいので、ついつい脂身のおおい肉を
好んで食べてしまいがちです。しかしそこが落とし穴ですので、その際はたっぷりと緑黄色野菜を同時に
取るようにしましょう。


食事はバランスが大事だと言われていますが、コンビニにはそうしたバランスを取る為のサプリメントや
ビタミンや食物繊維が入ったジュース、クッキータイプの栄養補完食品などがあり、手軽に食事バランス
サポートが出来るようになってきていますので、積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。

中性脂肪とコレステロール

中性脂肪とコレステロールの問題は、欧米型食生活になった現代にとって非常に深刻な健康問題
となっています。外食産業の発達により肉食や揚げ物中心のお店が増え、テレビのグルメ番組なども
今では定番になっており、消費者の食欲を過剰に刺激している現状です。


そんな中、運動や食事によって中性脂肪とコレステロールを抑え、健康を支持しようとする本や
グッズ、食品も対抗するように増えてきました。


そこで、中性脂肪とコレステロールの問題について考えてみたいと思います。


まず、中性脂肪を下げて健康を維持するにはどうしたらいいのか?


まずは基本的に私達の食生活は油ものや肉食が多いことから、まずその摂取量を控えると同時に
たっぷりの緑黄色野菜、そしてお手軽な野菜ジュースなどを積極的に摂取することが急務でしょう。


外食が多い独身のサラリーマンなどは、野菜ジュースなどで補うのが得策だと思います。


また家で油料理などをするときは、健康エコナなどの体に脂肪がつきにくい油などを使うことが
いいのではないでしょうか?


次にコレステロールの問題については、善玉コレステロール(HDL)を増やし、悪玉コレステロール
(LDL)を減らすのがよいと言うのが一般的な常識です。


善玉コレステロールを増やす為には、少量の飲酒などによってその数値が上がることが確認されています。


しかし基本的にはやはり運動量を増やして善玉コレステロールを増やしてゆくのがベストですね。

中性脂肪を抑えるための食品

脂肪の体内蓄積による病気の問題が、現代人の健康を脅かしています。


中性脂肪が増えたために起こる肥満や動脈硬化などは深刻な問題です。


これら生活習慣病はその多くが食生活の乱れから来ることが多く、食生活習慣病と名づけても
よいくらいです。皆さんはこの問題にどう取り組んでいるでしょうか?


また忘れてはならないのが、食生活の改善と同じく大事な、適度な運動をする事でしょう。
現代人は圧倒的に足を使わない環境の中で生活しており、意識的に運動をすることが
必要となってきています。


それでは食生活での改善策を考えてみましょう。


まず肉食などの動物性脂肪の摂取を控え、野菜などの食物繊維を多く含む食品を沢山とることが
基本ですが、これがなかなか出来ないのが現代人の特徴です。


そこで中性脂肪を蓄積を抑え、また減らしてくれる栄養素とは何かが知りたくなってきます。


いくつか挙げてみますと、ジアシルグリセロール、グロビン蛋白分解物、中鎖脂肪酸、茶カテキン、
EPA、DHA、ウーロン茶重合ポリフェノール、コーヒー豆マンオリゴ糖、豆鼓エキスなどがありますが、
一体どんな食品に含まれているのかは、ぱっと見ていくつかはわかると思います。


ざっと見るとお魚やお茶類であることがわかりますが、これらの成分が脳、心臓、肝臓や全身の血管
などの生活習慣病リスクを減らしてくれる成分であるので、積極的に摂取したいものですね。

中性脂肪を減らそう!

今巷ではダイエットブームであり、あらゆるダイエット法が蔓延してますが、中性脂肪を減らす為に
人々はあらゆる努力をして肥満対策を行っています。


あなたはどんな方法でダイエットをしていますか?


私自身、毎日ウォーキングや意識的に階段を上がったりして、体の中の中性脂肪を減らす為に
運動しています。特に体脂肪というのは、太っているやせているに関係ないみたいなので、
やせている人も注意が必要ですよ。


ウォーキングやジョギングなどは、有酸素運動といって、中性脂肪を減らす効果的方法の1つで、
誰にでも無理なく始められるダイエット法です。


ウォーキングは専門誌が出ているほどですから、この方法がとても効果が高いことを
物語っています。高齢者には特にお勧めの方法です。


またスクワットなどのその場で出来る運動も効果的です。


ちょっときつい方法ですが効果は高いと思います。


しかし最もポピュラーなダエット法としては食事療法だと思います。


食品の自然な薬理作用によって中性脂肪値を減らしたり、コレステロール値を下げたりするのですが、
とくに納豆などがお勧めで、血栓を予防したり骨粗しょう症の予防、肝機能の改善など非常に高い
健康効果が望めます。


また最近では中性脂肪を減らす為にEMSなどのブルブル燃焼マシンなどが人気を呼んでおり、
ユーザーも増えてきています。しかし類似品などの粗悪品もありますのでご注意を。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。